科学・IT

給与全額寄付を決めたiPS研所長山中教授の年収は?寄付分を含めるとかなりの金額に?

日本の科学会に激震が走りましたね。そう、あの万能細胞であるiPS細胞の生みの親である山中伸弥教授が所長を務める京都大学iPS細胞研究所の特定拠点助教の論文に捏造(ねつぞう)や改ざんの不正がありました。

「またやっちまったんか。。。」

例の小保方晴子さんの論文データ捏造事件を思い出したのは私だけではないはずです。

iPS細胞研究所の山中伸弥所長は責任を痛感されて一時はご自身の進退にまで言及されていましたが、なんとか踏みとどまって所長としての責務を全うするとコメントを出されました。再生医療の基礎研究を先頭で引っ張ってこられた方だけに、所長辞任となると日本の科学会の損失は計りきれませんから、このニュースにはホッとしました。

山中伸弥所長はケジメとしてご自身の給与全額を当面寄付することにしたそうです。

Sponsored Link

 

全額寄付の山中教授の年収っていくらなんだろう?

そこで気になるのは当面全額寄付される金額です。つまり山中所長の年収はいくらかってことです。京都大学やiPS細胞研究所の財務報告書を見てみたのですが、残念ながらそのものズバリの金額は分かりませんでした。

でも手がかりから推測することは出来ます。

例えば先般話題になっていた北海道大学教授の年収は約1000万でした。同じ旧帝大の教授ですから教授の年収としてはそう変わりないと思われます。

では山中所長の年収も1000万?いえ、山中教授はiPS細胞研究所の所長です。一般的に研究機関の所長や理事長クラスの年収は2000万円ぐらいが一般的のようです。

iPS細胞研究所への寄付金から拠出される給料もある!

と、ここまでは他にも調べている人がいます。私も最初はそのぐらいだろうな―と思っていたのですが、iPS細胞研究所の財務報告書を見ていて『ご寄付の使い道』というページに目が止まりました。そこには人件費として約2億円寄付から拠出されているとの記載があります。

これはどういった性質のお金かというと、ホームページにはこのように書いてあります。

1. 人件費

競争的資金等の他の財源から支出できない人件費にはiPS細胞研究基金を活用しており、支出額は昨年度並みの約2億円を見込んでいます。 基金は、優秀な教職員の安定雇用のために計画的・長期的に支出して参ります。

つまり優秀な人材を集めるためにベースになっている給料に加えて寄付からのお金を上乗せして払っているって言うことなんでしょう。優秀な研究者の海外流失が懸念される中、待遇面で良い人材を集めるための施策だと思われます。

上記ホームページによると、iPS細胞研究所で働いている人は事務職や研究支援員を入れて291人。2億円を単純に人数で割ると、1人あたり687285円です。とは言え、平の研究員や事務職、研究支援員は『最先端の再生医療を研究したい!あわよくばノーベル賞につながるような成果を残したい!』というインセンティブが働くため給与の大きな増額は必要ないと思われます。

2億円を助教以上の職に限定して人数で割ると、なんと1人あたり約408万円。ポストが高くなるとその分割合が増えるよう傾斜配分してやると教授職は1000万円ぐらいプラスでもおかしくありません。

ということは、山中所長の年収は3000万円あたりではないかと思われます。

Sponsored Link

 

職責を放棄せず給与全額寄付を決めた山中所長は誠実な人だと思う

iPS細胞研究所の所長として再生医療の最先端を走りながらも研究者の待遇改善を訴え続けていらっしゃる山中伸弥教授。趣味のマラソンに出ては寄付を呼びかけてこられました。その甲斐あって、2016年度末には寄付金な残高が70億円まで積み上がっているようです。

多くの人々の善意で研究費を捻出し世界で互角に戦える環境を整えてこられた山中所長にとって、今回の捏造事件は忸怩たる思いがあったでしょう。捏造論文で使われた研究費の内、寄付金から拠出されたものが約230万円。自分たちの支援者に対する裏切りとも言える行為に、せめて身銭を切ってお詫びをしたい。そんな山中所長の実直な人柄が透けて見える気がします。

この事件を糧にして素晴らしい研究成果をあげて欲しいと切に願います。

-科学・IT
-, , , ,