スポーツ

斎藤佑樹が戦力外にならない理由を考察。日本ハムならではの事情があった?

日本ファムファイターズの春季キャンプで斎藤佑樹投手がスライダーを投げ始めたと話題になっていますね。斎藤佑樹といえば甲子園を沸かせたあのスライダー。代名詞とも言える武器を手に復活が期待されています。

斎藤佑樹投手に関しては毎オフに戦力外か?という話題が出ますが、周囲の期待(?)をよそに毎年契約を更改していますね。2017年オフでは170万減の1830万で更改したとニュースになりました。どうして戦力外にならないのかについて考察してみます。

Sponsored Link

 

斎藤佑樹が戦力外にならない理由 その1

相変わらず衰えない斎藤佑樹人気。これに尽きると思います。

考えても見てください。負けてニュースになるプロ野球投手がどれだけいますか?ニュースになるということは斎藤佑樹投手を気にしている人が多いということ。それだけ斎藤佑樹投手は勝っても負けても注目されているわけです。

近年では登板するというだけで(勝敗は別として)ニュースになっています。そんなの各球団のエースクラスでないとありえない事です。

注目されているということは人気の裏返しでもあります。実際斎藤佑樹投手のグッズの売上はFAしてエンジェルスへ移籍した大谷投手や主砲の中田選手に次ぐと言われていますし、登板試合にはチケットの売れ行きも良いそうですから、金銭面での球団への貢献は大きいと思います。野球は興行というビジネスですから、お客を呼べる選手は勝てないにしても手放せないのだと思います。

巨人やソフトバンクのように潤沢な資金を持たない地方球団の日本ハムは、育成で選手を育てて戦力をアップさせる方針の球団です。広島東洋カープや横浜DeNAベイスターズと似た球団ですね。上記の球団に共通するのは『選手を大切にする』という方針。簡単に戦力外にして外部から補強は出来ないし、ファンもそのことをよくわかっていると思います。そういうファン心理から言うと、斎藤佑樹投手を戦力外にしたら『なんて非情な球団だ』という事になり、今まで築き上げたブランドに傷が付きます。ここが日本ハムならではの事情だと思うのです。

初期のカープ女子は『弱くても頑張っているチームを応援したい』と思い、万年Bクラスのカープを応援していたと聞きます。特に女性ファンの心理としてはそういうものなのでしょう。斎藤佑樹投手のファンの多くは女性だと思われますが、きっと同じ心理が働いていると思います。ましてや斎藤佑樹投手はプロ入り前までは素晴らしい成績を残している言わば『出来る子』。プロで挫折を味わっている選手を応援して一花咲かせてあげたいと応援する気持ちはわかります。

斎藤佑樹が戦力外にならない理由 その2

もう一つの理由は栗山監督です。とにかく選手をかばう監督というイメージがあります。

斎藤佑樹投手については本当に辛抱強く起用していて、全く活躍の兆しの見えない2016年にも「信頼は4年間揺らいでいない」と発言していますし、1軍登録されると必ず起用してチャンスを与えています。

勝利を期待するファンからは『甘すぎだ』とか『何か弱みを握られてる』とか、散々言われている栗山監督ですが、私は指揮官としては立派だと思っています。『敗戦を選手一人のせいにしない』というのはとてもスゴイことだと思います。だって、会社でミスを全部部下に押し付ける上司がいたら嫌でしょう?たとえそれが部下の致命的なミスであっても。

栗山監督のこの姿勢もやはり日本ハムという球団ならではの事情もあると思います。選手を大切にする球団だからこそ、選手一人に責任を負わせない。それでこそ現場での一体感が出せるのではないかと思うのです。

それがあるからこそ、2017年7月11日の対オリックス戦で先発登板した斎藤佑樹投手が4回を投げて毎回の8失点でノックアウトされた試合のコメントで「チームの状態が、悪いというのもある」「それを作ってしまっているのは、こっちの責任」と斎藤佑樹投手を擁護したのだと思います。これはファンからは大バッシングだったそうですが、投手陣と野手陣を分裂させないようにするためにも斎藤佑樹投手を孤立させないためにも必要なコメントだったと思います。

Sponsored Link

 

まとめ

斎藤佑樹投手はプロ入り1年目は19試合に登板して6勝6敗・防御率2.69という成績を残しています。エースとまではいかないまでも、イニングを食える先発投手として、球団はルーキーイヤーぐらいの活躍を期待しているのではないでしょうか。

もともと知名度と人気面では他の選手を圧倒するほどの選手ですから、どうにかして復活のきっかけを掴んで欲しいと思います。

-スポーツ
-, , ,