スポーツ 平昌オリンピック

羽生結弦選手のプーさんシャワーはいつからか?その理由とぬいぐるみのその後

2018/02/17

圧巻!本当に鳥肌が立ちました!まさに王者の帰還です。

平昌オリンピックの男子フィギュアスケートのショートプログラムで、羽生結弦選手がノーミス演技で自己ベストに近い111・68点を叩き出して、心配された怪我からの復活を果たしました。

直前の怪我で2ヶ月ほど十分な練習ができずにオリンピック出場すら心配されていましたが、そんな心配を吹き飛ばすに十分なパフォーマンスでした。そして明日(2月17日)のフリーへの期待が膨らむスタートになりましたね。

そして驚いたのは演技終了後のプーさんのぬいぐるみのシャワー。

羽生結弦選手と言えばプーさんというほどファンの間ではよく知られた話ですが、今回もプーさんの雨が振りました(笑)。明日、金メダル獲得ともなれば、リンクがプーさんで埋め尽くされるんじゃないかなんて思ってしまいますね。

そんな羽生結弦選手とプーさんの関わりについて調べてみました。

Sponsored Link

 

羽生結弦選手の演技後にプーさんが投げ込まれる理由は?

フィギュアスケートの演技の後、曲が終わり万雷の拍手の中、選手がフィニッシュポーズから笑顔で観客に礼をする。その背後にたくさんの花束が投げ込まれるシーンを見たことがある人は多いと思います。と言うか、普通そこは花ですよね?ところが羽生結弦選手の場合はなぜかプーさん(のぬいぐるみ)。

それは羽生結弦選手が大のプーさん好きだからです。そしてファンの皆さんもそのことをよく知っているからこそ、花束ではなくプーさん(のぬいぐるみ)を投げ込むんですね。

フィギュアスケート選手は練習の時に寒くてよく鼻をかむそうで、羽生結弦選手はプーさんのティッシュケースを愛用しているそうです。それを見たファンの間でプーさん好きの噂が広まり、プーさんシャワーになったとか。

羽生結弦選手もプーさん好きを公言しており、好きな理由が「顔が安定しているから」とのこと。転倒と紙一重のフィギュアスケート選手らしい理由に笑ってしまいました。もしかしたらだるまさんでも良かったのか?

羽生結弦選手の演技後にプーさんが投げ込まれるのはいつからなの?

さて、そんな羽生結弦選手にだけ起こる怪奇現象『プーさんシャワー』ですが、一体いつからなのでしょうか?

どうやら2015年の世界選手権辺りから投げ込まれるようになったようですね。特に中国人のファンが凄いとか。2015年の上海の世界選手権では大量のプーさんが降ったそうです。ロシアではロシアバージョンのプーさんが降るとか(笑)

ちなみに羽生結弦選手愛用のティッシュボックスカバーについてはヤフー知恵袋に時期が書いてありました。

2010年12月の全日本選手権ではプーさんはいませんでした。
2011年2月の四大陸選手権では、今の形のプーさんではなく、平べったい形の
くまの顔の形の黄色いカバー(プーさんじゃないかも)。

で、震災後初の国際公式試合のネーベルホルン杯のキス&クラではプーさんが
います。ネーベル杯は2011年9月です。

その後のGPシリーズ初戦の中国大会のキス&クラにもいます。

なので、2011年9月のネーベルホルン杯から、になると思います。

Sponsored Link

 

羽生結弦選手に投げ込まれたプーさんのぬいぐるみはその後どうなるの?

投げ込まれた大量のプーさんですが、その後どうなるのか気になるところですよね。

基本的にはリンクに投げ込まれたものは一度その選手に届けられるそうです。ですが羽生結弦選手のように大量にありすぎて現実的に受け取れない場合は、選手の意向を聞いてどうするのかを決めるそうです。

普通はフラワーガールにあげたり、施設に寄付したり、スタッフや知り合いにあげたり、最悪捨てたりするそうです。

羽生結弦選手の場合は所属するスケートクラブの子供達にあげたり児童養護施設にいる子どもたちに寄付したりしているそうです。

「気持ちをいただいてありがたいけど、自分だけでは持ち帰れない。せっかくいただいたものなので何か社会の役に立つような寄付をしたい」

と、羽生結弦選手らしいコメントですね。

今回の平昌オリンピックでもプーさんのぬいぐるみを地元韓国のファンにプレゼントしたいと語っていました。

平昌と江陵(カンヌン)の住民に全てのぬいぐるみをプレゼントしたい。奇妙に思えるかもしれないけれど、僕に与えてくれたエネルギーと善意への感謝の印をこんな形で示すことができたら」

何という人格者なんでしょう。きっと地元韓国のファンは喜んでくれると思いますよ。

絶対王者として金メダルの滑りを期待します!

-スポーツ, 平昌オリンピック
-, , , ,