医療 問題解決 花粉症

アレグラの市販薬と処方薬はどちらが安い?2ヶ月分の金額を比較検討

2018/03/09

花粉症の薬で代表的なものと言えばアレグラだと思います。管理人はどちらかと言うとアレジオンのほうが効くみたいで昨シーズンはアレジオンを使用していました。

ところが昨日処方してもらったアレジオンを飲んだところ、今朝になって目のかゆみと鼻水の症状が少し悪化していると感じたので、アレジオンを取りやめてアレグラに変えてもらおうと病院へ行ってアレグラを処方してもらってきました。

そこで、アレグラでも市販薬と処方薬で金額にどれ位の差があるのか調べてみました!

Sponsored Link

 

花粉症薬アレグラって?

花粉症の薬、アレグラってこんな薬です。

●第2世代抗ヒスタミン成分 フェキソフェナジン塩酸塩が、花粉やハウスダストに
よる鼻みず、鼻づまり、くしゃみなどのつらいアレルギー症状に優れた効果を発揮
します。
●脳に影響を及ぼしにくいため、眠くなりにくいアレルギー専用鼻炎薬です。
●「集中力、判断力、作業能率の低下」といった、気付きにくい能力ダウン(インペ
アード・パフォーマンス)も起こしにくいお薬です。
●空腹時にも服用できます。
●1日1錠、1日2回の服用で、効き目が1日続きます。

管理人はアレジオンの効きがいまいちと感じたため、アレグラを処方してもらって来ました。去年まではアレジオンのほうが効いていたんですけどね。。

アレグラを60日分(2ヶ月分)処方してもらって払った金額

先の記事、アレジオンの市販薬と処方薬はどちらが安い?2ヶ月分で比較してみたと同じ条件になるように60日分処方してもらおうと思ったのですが、合計最大90日分までしか処方できないとかで30日分しか処方してもらえませんでした。なので30日分の金額x2で計算してみたいと思います。

薬局で支払った金額は合計1410円(自己負担割合3割)です。x2して2820円がアレグラ60日分の金額になります。(※本当は調剤基本料、調剤料、薬学管理料などがあるので厳密には違うはずですが、細かい計算式がわからないので割愛します)

それに加えて薬局で薬を処方してもらうには医師の診察と処方箋が必要ですからその費用を計算します。前回同様病院で支払った金額は1390円とします。この金額には耳処置(洗浄)と鼻処置(吸引)とネブライザー治療を分が入っています。もし純粋に薬の処方だけの場合3割負担で1060円のようです。

というわけで、病院で支払った金額と薬局で支払った金額の合計は、2820円+1390円=4210円

この金額がアレグラ60日分(と診察と治療費)の金額です。

Sponsored Link

 

アレグラの市販薬の価格は?

では、アレグラの市販薬を60日分購入した場合どのくらいの金額になるでしょうか?

アレグラの市販薬は『アレグラFX』という名前で販売されています。最安値をネットで調べてみましょう。

2018年3月時点での『アレグラFX』の最安値は価格コムによると1439円です。『アレグラFX』は1日2回1錠なので、60日分は28錠入りが4箱と8錠いう計算になります。『アレグラFX』1錠あたりの金額は52円。

というわけで、市販薬『アレグラFX』60日分に必要な金額は、1439円x4+52円x8=6172円 ですね。

ちなみにAmazonでは1箱1365円でしたよ。送料考えるとアマゾンプライム会員はこっちのほうがお得ですね。

アレグラの市販薬と処方薬、どっちが安い?

処方薬は60日分で4210円。一方、市販薬は6172円という結果でした。その差額は1962円。アレジオン同様決して小さな金額ではないですねー。同様に30日分では処方薬の薬価に対する診療報酬系の金額部分の割合が増えるので価格差が縮まりますし、90日分を処方してもらうと逆に価格差はさらに広がる事になります。

アレジオンの時と同様に、金額という面においては市販薬より処方薬のほうが安く済みそうですね。

※細かい部分で違いがあるかもしれませんが、あくまでも管理人が支払った金額と手元にある診療明細をベースにした比較なので、詳しいことは医療機関でお尋ね下さい。

-医療, 問題解決, 花粉症
-, , , ,